節分祭 2月3日

節分祭 2月3日 9:30〜19:30


◇厄除護摩供(一座目11:00〜・二座目15:00〜 本堂にて)
 奉納ごま木 一本100円
神泉苑本堂の不動明王尊の御前にて、護摩供祈願を行います。
護摩とは古来インドから伝わった密教の修法(おつとめ)です。 護摩壇に穀物や様々な香などを用意し、壇上に魔が入らぬよう結界を張ります。 そこへ火天様(火の神様)をお喚びし、種々の供物を炉に捧げ入れ、供養・ご接待します。 その上で願い事を書いた護摩木を炉にくべ、燃やし上げ、願い事を聞いて頂けるようお願いします。 本堂に上がってご参詣していただける数少ない機会です。


◇ほうらく奉納一枚500円 (限定150枚)(当日受付)
 十一月はじめの神泉苑狂言、「炮烙割」にて割って厄よけとします。





◇当日、しょうが湯、大根焚きの無料接待いたします。
 又わが国唯一の歳徳神にちなみ、祇園平八様により「恵方幸運巻ずし」を販売します。
 ◇農家の方による新鮮な野菜等の販売もございます。
 ◇御用済の古いお札等は、当日苑内の焚火で焼いて下さい。


星祭り 2月2日

およそ、人はその生まれ年の気を受け、その気が星としてあらわれ、 その星が年々廻って良い年や悪い年となるのです。 「星祭り」とは各人の星(たとえば一白水星・七赤金星 など)をご祈祷し、悪い年は悪事や災難からのがれられ るよう、また良い年はいっそうの開運を祈るのです。

※非公開で厳修され、御守・御札等を御祈祷いたします。