法成橋修復工事


神泉苑は、平安京造営の際に造られた史跡です。天長元年(824)弘法大師空海が祈雨修法の際、勧請された善女龍王社を祀り、祇園祭発祥の地でもあります。 法成橋は、空海が法力を成就させたことから『一願成就』の橋としても知られます。
 近年、法成橋に傷みが生じ、早急な修復が必要となっております。六年後には、弘法大師祈雨千二百年の記念の年を迎えます。つきましては、御無理なお願いではございますが、皆様方の格段の御支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。


※工事中も法成橋の通行は可能です。
○修復工事の内容(予定)
 平成30年7月〜8月初旬予定
・欄干揚げ前
・木工事(猫足取替・宝珠柱飼木・腐朽部修理)
・塗装工事
○修復事業費・事務費
 約1,500,000円(予定)
○御寄進について
 修復にあたり、皆様のご寄付を募っております。
 ご寄付は一口5,000円とさせて頂き、
 5,000円ご寄付の方には絵馬札、
 10,000円以上ご寄付の方には絵馬札・御念珠(神泉苑刻印入り)を授与いたします。

方法については、境内の寄付申込書に御記入頂き寺務所までお持ち頂くか、
郵便振替口座にお振り込み頂きますようお願い申し上げます。

※郵便振替口座
口座番号 01010 - 4 - 39696 加入者名:神泉苑
通信欄は「法成橋修復寄付金」と御記入下さい。